花火@大分

2017年5月21日 (日)

5/21 日田(2日目)

 前日に引き続き第70回日田川開き観光祭花火大会へ出動。
Dsc_0799_00010
Dsc_0808_00008
Dsc_0809_00009
Dsc_0843_00007_2
Dsc_0881_00011
Dsc_0914_00006
Dsc_0938_00005_2
(煙火店:西日本花火)
※書きかけ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月20日 (土)

5/20 日田(1日目)

 第70回日田川開き観光祭花火大会へ出動。
Dsc_0584_00001
Dsc_0756_00002
Dsc_0767_00003
Dsc_0792_00004
(煙火店:西日本花火)
※書きかけ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

5/13 日出

 第32回城下かれい祭り花火大会へ出動。
Dsc_0421_00001
Dsc_0456_00003
Dsc_0458_00004
Dsc_0467_00005
Dsc_0480_00006_2
Dsc_0483_00007
Dsc_0492_00001
Dsc_0494_00002
Dsc_0497_00003
Dsc_0498_00004
Dsc_0513_00005
Dsc_0517_00006
(煙火店:生島煙火)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月29日 (土)

4/29 大分

 パークプレイス大分15周年メモリアル花火大会へ出動。
Dsc_0314_00002 Dsc_0338_00003
Dsc_0342_00004 Dsc_0363_00005
Dsc_0375_00006 Dsc_0378_00007
(煙火店:生島煙火)
※書きかけ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月11日 (土)

 2/11 蒲江

 第3回佐伯かまえ元猿湾冬の花火大会へ出動。
 しかしながら、前日の夜から当日の朝にかけて今季最大寒波の襲来。積雪で行く手を阻まれ、この先もう蒲江には到達できないんじゃないかと危ぶまれたものの、陽が差すにつれて徐々に雪は融けていった。
 九州人は基本”雪”に慣れていないのですごく不安や心配にかられてしまう。でも無事に蒲江に行き着くことができたので本当によかった。
 そんなこんなで会場に到着したのは午後3時過ぎ頃。渋滞で予定よりずいぶん遅れてしまった。
 すでにイベントも始まっており、恒例?のブリ投げも盛況の様子。傍で蒲江特産のヒオウギガイが網焼きされていたのが美味しそうで印象的。貝の色が虹色いろいろでそれだけでも目を引く。
 今年も撮影場所は昨年と同じ元猿海岸付近から定点観測。西北西の風。だいたいここの風の傾向がわかってきた。
Img_9354 Img_9359
Img_9368 Img_9388
Img_9411 Img_9412
Img_9413 Img_9414

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月10日 (金)

12/24 別府

 今頃別府の2日目UP。5段咲きは最高!!
Img_9252 Img_9268
Img_9263
Img_9277
Img_9301
Img_9318_3
Img_9321
Img_9322
Img_9324

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月25日 (日)

12/23 別府

 べっぷクリスマスHanabiファンタジア2016へ出動。今年の開催日は数年に一度訪れる三連休の初日と2日目。花火好きでなくても2日間連続して観覧をしたくなる日程。特に遠方から来られる方はぜひこの好機を生かして別府に訪れてほしい。それだけ今年は気合いの入れ方が例年とまるで違う。

 初日の23日。天候は前夜から小雨がボソボソと断続的降り続き、お昼頃までなんとなく傘が手放せない様相。しかしながらも時折雲間から顔をのぞかせる虹が希望を抱かせた。

 別府には午前10時には到着し、腹ごしらえにユメタウンでうどんをいただくもしっくりこない。何故か。それはきっと鳴門うどんではないから?!
 そんな朝からのん気に朝からうどんをすすっている間に時間はあれよあれよと過ぎ、会場にのこのことやってきたのが午後1時過ぎ頃。撮影適地は条件の好い場所からどんどんシートで埋まっていく。

 台船が海上にやってきたのが午後3時をまわった頃。その45分後くらいにイカリを下ろして固定された・・かと思いきや、しばらく経つとグルグル台船が回り始めた。
 当日は風強く、打ち上げ中止の可能性もあった。
 最終的に船体を会場対して斜めに向けて固定。受ける風や波の抵抗を最小限にする為なのか理由は不明。

 そうこうするうちにライブリハーサルも終わり、辺りも暗くなっていよいよ本番に向けての雰囲気が高まってきます。人出も徐々に増えて露店商も大忙し。
 そして自分たちもカメラのセッティングで緊張感漂い始めます。
↓若干ピンボケってます
Img_9150
Img_9151
Img_9185
Img_9186
Img_9164 Img_9196
Img_9210

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 7日 (日)

8/7 大分

 

大分合同新聞花火大会(大分)へ出動。またまたここもお初。
 今年は大分合同新聞社の創刊130周年を記念して全プログラム(5ステージ)が音楽シンクロ花火。主催者も花火師もやる気満々の模様。
 当日は快晴。駅からスマホを頼りに会場へ。思ってたよりも歩くと遠かった。何回か行き来すれば慣れてサクサク歩けるのだろうけど。
 会場は大分川を弁天大橋と舞鶴橋で挟んだ長い長い河川敷。風は会場に着いた時は北から吹いていたようだが、夜には変わると見込んで南の土手最上段で待機。案の定、変わった。
 筒場は超ワイド。11箇所打ち。目を凝らして二度数えた。
 カウントダウンで始まり、期待感は最高潮。
 出だしは重要。色彩華やかなワイドスタマ。掴みはOK。会場は音楽とともに熱狂。MCもノリノリで笑いも誘う。別府の花火へはよく出かけるけれど、別府の会場とはまた違うノリがここにはあるんだと感じた。
Img_2042
Img_2045
Img_2055_2
Img_2088
 最後の5ステージまで見たかったけれど、最終の特急に間に合わなくなるので第4ステージまでしか見ることができなかった。残念。
 駅に向かうまで時々後ろを振り返りながら民家の屋根と屋根の合間から見えた花火は実に豪華であった。また機会があればぜひ観覧したいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月22日 (日)

5/22 日田

 第69回日田川開き観光祭へ2日目も出動。撮影地点は前日と一緒だが、若干高さが低くなった。その分、立体感にやや乏しくなる。
Img_0037
Img_0117
Img_0176
Img_0179

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月21日 (土)

5/21 日田

 第69回日田川開き観光祭へ出動。風向きは去年と同様の東寄りの風。順風の法則に従うのなら屋形船と花火が絡められる好条件。
Img_9818
Img_9853
Img_9856
Img_9874
Img_9999

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧